STANDARD

VERTICAL

LARGE CAPACITY

高効率・高処理能力を追求したX線回折単結晶方位測定装置

ラウエ技術を利用して、わずか数秒で測定を行うことができます。
ニッケル基合金単結晶方位タービンブレードの検査に最適です。

概要

ラウエ-HT STANDARD
航空宇宙用タービンブレードなどの小型部品用。

ラウエ-HT VERTICAL
大型の航空宇宙部品に最適です。

ラウエ-HT LARGE CAPACITY
大きくて重い発電部品に使用できます。

 

タービンブレードのラウエ-HTの画像          (001)シリコンの整列 ラウエ-HTの画像

オプション

X線検出器

  • 側面反射カメラ
  • 背面反射カメラ(オプションのアップグレード)のサンプル処理
  • 取り付け治具
  • レーザー集光システム
  • 電動サンプル位置決めシステムキャビネット
  • 手動ドア
  • レーザー距離センサー
  • ビデオカメラ&モニター
  • サンプルローディングのためのロボット統合

ニーズに合わせて最適化されたカメラの形状とサイズ

XRDWIN LAUEソフトウェア

LAUE-HTシステムの中心にあるのは、強力でありながらユーザーフレンドリーのXRDWINソフト
ウェアです。これには、データ収集とLAUEパターンの分析のための包括的なコントロールが含まれています。このモジュール式プログラムは、各顧客のワークフロー要件に従って簡単に変更できます。

特徴:

–  Laueパターンの手動照合用の001、111、111オーバーレイ

– 編集可能なカスタムhklオーバーレイ

– オーバーレイの回転のためのスペースマウスコントロール

– ラウエ模様をリアルタイムで見るためのライブ画像モード

・方位検出限界±0.1º

REL cos(R-2cos)、REL rms(R-2RMS)、DIFF cos(R-3cos)、DIFF rms(R-3RMS)、
シングルアングルcos(R-1cos)を使用したR値計算

– 最も近い001参照オプションとローカル参照オプションの両方を使用したオフ方向モード

– キャスティングの種類ごとにソフトウェア内で角度と配置の要件を設定するオプション

– プログラム設定と設定に対するマルチユーザーレベルのアクセス制御