XRDWIN 2.0

 

English

Language:

日本語

プロトマニュファクチュアリング 残留応力測定ソフトウェア

<< 1つ前に戻る

プロトマニュファクチュアリングの残留応力測定ソフトウェア

ソフトウェア

XRDWIN2.0は当社のXRDシステム用のユーザビリティ性の高い、高速処理能力を持ったソフトウェアです。残留応力測定、残留オーステナイト測定、極点図、X線弾性定数決定用等、多岐に渡る測定機能を有しています。

機能

• エラー分析機能付きd 対 sin2ψデータのリニアおよび楕円回帰

• ゴニオメーターのψ(プサイ)およびω(オメガ)の動作をコントロール

• 豊富なピークフィティング手順:放射線、ガウシアン、ピアソンVII、コーシー、セントロイド、軸中心セントロイド、中間弦があります。

• 絶対ピーク位置または交差相関法を使用したピークシフト決定

•リニア回帰用にKα1およびKα2複数ピークフィティング またはKα2ストリッピングを使用。ψ+、 ψ-データ平均化のためDolle-Hauk法を使用。

• sin2ψまたはsin2χ、拡大、縮小、ダイナミックスケールに対する 「d」、「2θ」、「強度」、「幅」、「FWHM」のグラフ表示

• フィティングおよびバックグラウンドの選択をマウスでコントロールすることでフィティングパラメーターを迅速に変更できます。

• 測定結果のデータ類(実データ、修正ピーク、d-間隔対sin2ψ、レポート)を1画面に全て表示可能。

• 編集可能な材料定数ライブラリおよびX線放射定数表

• 測定データはASCII、MSワード、MSエクセル、クリップボードフォーマットへエクスポート可能。

 

3軸測定

• 手動および自動の手順

• 応力テンソル決定、基準応力、最大せん断 応力

• 等価応力決定

 

応力マップ

自動応力マッピングのパイオニアとして、当社は特許取得済みの応力マッピング技術およびソフトウェア
ツールの開発に多くの時間を費やしてきました。

 

応力マップの主な機能

 

正方形、矩形、円形グリッドマッピング、カスタムマップ軌道のための
個別点選択、結果の特許取得済み多層3次元グラフ表示。複数マップ表示およびマップ代数。

 

・マップの混合および整合

残留応力 • ピーク幅 • %残留オーステナイト • 硬さ • 基準応力 • 個別応力テンソル

 

・マップ前後の表示

加工処理前後を比較 •パーツの稼働前後を比較 • ライフサイクルを追跡

 

・マップ代数を実行

+、-、X、/、平均 • 正味利得/損失の表示

 

・データの確認

FEA(有限要素解析)モデルを実証 • 表面増強を評価 • 溶接応力を決定

 

 

ユーティリティ

• 基準応力値の計算

• 材料取外し補正

• X線侵入有効深さの補正

• X線弾性定数決定

オプション

• 極点図モジュール

• エキスパートシステムモジュール

• データベース管理モジュール

• インライン検査応力モニター

• Protoひずみゲージモニターモジュール

• 4ピーク残留オーステナイト測定モジュール

残留応力測定システム   •  粉末回折システム   •  ラウエシステム  • X線管球

© 2010 プロトマニュファクチュアリング inc.